LUNA SEA For JAPAN A Promise to The Brave(リピート放送)



REBOOT――このキーワードとともに実現した
LUNA SEAの“再起動”は、2010年のミュージック・シーンに大きな衝撃を与えた。


RYUICHI、SUGIZO、INORAN、J、真矢の5人によって
1989年に結成された彼らは、メジャー・デビュー以降多くのヒット曲を送り出し、
90年代のロック・シーンをリードする圧倒的存在として君臨。
2000 年の“終幕”後もその人気は衰えず、
結成20周年イヤーにあたる昨年は、東京ドーム2DAYSライヴと同じく
東京ドームでのフリーライヴの3日間で
合計 17万5000人を動員するなどその揺るぎないパワーを見せつけた。


そして今年、3月にセルフカバーアルバム『LUNA SEA』をリリースした彼らが、
10月22日にさいたまスーパーアリーナでチャリティーライヴを開催。


10ヵ月振りに行なわれる
「LUNA SEA For JAPAN A Promise to The Brave」と題されたこのライヴは、
東日本大震災の復興に対してLUNA SEAが掲げる
“From LUNA SEA For JAPAN”の一貫として行なわれるものである。
先に配信リリースされたチャリティーソング「PROMISE」とともに、
その収益金の全額が日本赤十字社を通じて被災地に寄付されることとなっている。
悲しみが癒えるその日まで、日本と共に歩いていくLUNA SEAの姿を番組でご覧いただきたい。



収録日/2011年10月22日
収録場所/埼玉 さいたまスーパーアリーナ




Category:LUNA SEA / SUGIZO