YOSHIKI、「僕にハリウッドの、ど真ん中のドアを開けてくれた事に心から感謝しています」



2012年1月15日、カリフォルニア現地時刻午後5時に、
ビバリー・ヒルズにあるビバリー・ヒルトン・ホテルにて
第69回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開催された。


以前より報道されていたYOSHIKIが作曲・プロデュースによるした
ゴールデン・グローブ賞のオフィシャル・テーマ曲が、
オープニングで司会のリッキー・ジャヴェイの登場と共に遂に披露された。


ゴールデン・グローブ賞授賞式は、全米ネットワークNBCテレビにて生中継され、
幕開けと同時に流れたYOSHIKIのテーマ曲は、
ゴールデン・グローブの威厳と格式、歴史とともに未来の栄光を表現するものとして
荘厳に会場を満たすこととなった。



「僕にハリウッドの、ど真ん中のドアを開けてくれた事に心から感謝しています。
会場内で自分の作曲したテーマ曲が流れた時は、感無量でした。」──YOSHIKI




授賞式のオープニングからエンディングまでの様々なシーンで
数十回にわたり繰り返しこのテーマ曲が流れ、
すっかりとゴールデン・グローブ賞の顔とでもいうべき欠かせない作品になったようだ。


授賞式エンディングのナレーションでは「YOSHIKI、インターナショナル・アーティスト」と、
今回テーマ曲を作ったYOSHIKIの名前が紹介され、会場から惜しげも無い拍手が鳴り響いた。
なお、授賞式で配布されたプログラムでもテーマ曲のComposerとして大きく紹介され、
YOSHIKIの才能と存在がまたひとつハリウッドに響き渡ることとなった。


YOSHIKIは今回の授賞式でジェニファー・ロペス、アントニオ・バンデラスらと同じテーブルに着席し、
知人であるモーガン・フリーマン氏と挨拶を交わすなど、式を楽しんでいた様子。
2012年度のゴールデン・グローブ賞授賞式の様子は、世界190カ国で放映となる。



From:BARKS




Category:YOSHIKI