X JAPANメンバー全員集合!2014年世界ツアーに意欲



昨日5月20日、東京・デックス東京ビーチ内の施設「マダム・タッソー東京」にて
X JAPANの等身大フィギュアお披露目式および記者会見が行われた。


news_large_xjapan_20130520_012



X JAPANのメンバーが全員揃って公の場に登場するのは、
2011年8月の「SUMMER SONIC 2011」出演時以来約1年9カ月ぶり。
ひさしぶりの会見となったことについてToshI(Vo)は、大勢の記者に囲まれながら
「うれしいっす」とコメントした。


最近の活動について聞かれると、5人はそれぞれソロとして活動しながら
X JAPANの次の準備を進めていることを明かした。
「マダム・タッソー」に話がおよぶとYOSHIKI(Dr, Piano)は「香港に僕の分身がいるので行ってみました。
海外でまで人形が展示されるとは想像してなかったので、感慨深かったです」と答え、
SUGIZO(G, Violin)は「僕はロンドンのマダムタッソーに行ってみたことがあって、
デヴィッド・ボウイと写真を撮って感動しました」と述べた。


そしていよいよ等身大フィギュアのお披露目の時間に。一旦メンバーが降壇したのち、
パネルが取り除かれるとToshIを除くフィギュアが計4体現れた。
フィギュアを前にしたメンバーは、「い、いやあ……あんまり一緒に飲みに行きたくないっすね(笑)」(PATA)、

2024744_201305200761677001369054619c

2024744_201305200761970001369054619c

2024744_201305200762243001369054619c



「すごく光栄です。『マダム・タッソー』は歴史が古いんですよね。
今も昔と同じ作り方をしてるそうで、その技術に感動しました」(SUGIZO)と感想を口にする。
ToshIは自身のフィギュアがない理由について「みんな勝手に作ってて……連絡がなかった」と冗談めかしたのち
「タイミングがあわなくて次回に持ち越しになったんです。
だから今日は真ん中に1人で立って歌います」と笑いを誘った。


2011年に単独でフィギュアを制作したYOSHIKIは「第一印象は怖い!だったんですよね。
でもだんだん慣れてきました。SUGIZOも言ってましたが、
デヴィッド・ボウイとかと肩を並べることができてうれしいですね」と口にし、
「僕は海外にいることが多いんですが、ここに来ていただければ会えます」とアピールした。


終盤では今後のX JAPANの活動について質問を受け、YOSHIKIは「本格的なのは来年になると思いますが、
2度目となる本格的な世界ツアーを回る予定です。今ミーティングを重ねててね。どこに行きたい?」
とメンバーに問いかける。するとToshIが「インドネシアとか行ってみたいね」と言ったことを皮切りに、
SUGIZOが「イスラム圏」と述べ、HEATH(B)は「前回行ったところは行きたいですね。
あとは寒いところでも、暑いところでも(笑)」と意欲を伺わせる。
そしてPATAは「お任せします!」と力強く述べた。


お披露目式のあとの囲み取材では、改めてX JAPANの今後について質疑応答が行われた。
YOSHIKIは「本格的な世界ツアーとともにフェスへも参加したいな。
でもX JAPANのショーはフィジカルの面でもメンタルの面でも大変なので」と説明。
また彼は「前回のツアーはアルバムを持たずに回ったので、次は名刺みたいなものを持って回りたいんですよね。
再結成してから僕らアルバムを出してないんです(笑)。人形出す前にアルバム出せよ!っていうね」
と笑いながら語った。


「マダム・タッソー」は、世界各国のセレブリティの等身大フィギュアが展示されている施設。
1835年にイギリス・ロンドンで開業し、以降世界各国で展開されている。
X JAPANのフィギュアも本日より展示される。


From.natalie


psy-clone.com





Category:X-JAPAN