X JAPANのドキュメンタリー映画が製作、『シュガーマン』プロデューサーが企画



10月11日(現地時間)にアメリカ・ニューヨークの
マディソン・スクエア・ガーデン公演を控えている、
日本の人気バンド「X JAPAN」を題材にした
ドキュメンタリー映画が製作されるそうだ。


Deadlineによると、突然姿を消した幻のシンガー=ロドリゲスの軌跡を追った
ミュージック・ドキュメンタリー
『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作総指揮を務めた
ジョン・バトセックがプロデュースすると伝えている。


監督を務めるのは、ローリング・ストーンズのアルバム
『メイン・ストリートのならず者』の製作の裏側に迫ったドキュメンタリー
『ストーンズ・イン・エグザイル ~「メイン・ストリートのならず者」の真実』の
スティーヴン・カイヤック。
11日のマディソン・スクエア・ガーデン公演から主だった撮影が始まるという。


Deadlineではまた、YOSHIKIとX JAPANがニューヨーク・コミコン
(現地時間10月9日から12日まで開催)にアメコミ界の重鎮スタン・リーと共に登場すると
紹介しているが、
映画の撮影の都合でリーがコミコンの出席をキャンセルしたことが昨日発表されている。
YOSHIKIのコミコン・ゲスト出演(現地時間10月10日)は
コミコンの公式サイトでも確認できるが、
X JAPANの他のメンバーが一緒に登場するかは不明。


リーはトッド・マクファーレンと共に、YOSHIKIをモデルにしたコミック
『Blood Red Dragon(原題)』を手掛けており、
YOSHIKIは8月にニューヨークで行った記者会見で詳細は語れないが
新しい発表があると話していた。


From.クランクイン




Category:X-JAPAN