「X-JAPAN」PATAが退院「工事完了!」大腸憩室炎などで手術



大腸憩室炎などで今年1月に入院したロックバンド「X-JAPAN」のギタリスト、PATA(50)が
10日に自身のフェイスブックを更新して、退院したことを報告。
「応援してくれてる皆さん、ありがとう」とファンへ感謝の気持ちをつづった。


PATAは大腸憩室炎と門脈血栓症と診断されて今年1月15日から都内の病院に入院。
3月に退院したが、ドラマーのYOSHIKI(50)は6月のイベントで、PATAが8月に手術することを伝えていた。


「工事完了!退院しました」と退院報告すると、Vサインをした自身の元気な姿を掲載して
「応援してくれてる皆さん、ありがとう!心配かけてスンマセンでした」と、感謝のメッセージ。





10月14日から3日間、X-JAPAN、LUNA SEA、GLAYによる
日本最大のビジュアル系音楽フェス「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」(幕張メッセ)
を控えており「今度は、借りを返す番です。取り敢えず、10月待ってろよ~!!」と意気込みを記した。


From.スポニチweb




Category:PATA / X-JAPAN